FC2ブログ

リスニングに関する誤解

このブログには、何度もリスニングについて書いていますが、
いまだにリスニングに関する誤解が多く、
自分の力のなさを痛感しております。

ということで、今日は改めてリスニングについての誤解について書きたいと思います。

リスニングは何をすることか?
  ⇒ 聞こえてくる音声から情報を得ることです。
    音を聞くことではありません。
    情報を得るには知識も必要です。


リスニングには何が必要か?
  ⇒ 語彙力
    単語の数が少ないのは論外です。
  ⇒ 文法の運用力
    文法の知識だけあっても、運用できなければ意味がありません。
  ⇒ 構文力
    文章の構造を把握していなければ、言葉をキャッチできません。
  ⇒ 正しい発音によるスピーキング力 
    発音に重大な欠点があり、誤解されるようなスピーキングでは、音声を正しく聞き取ることができません。
  ⇒ 知識
    知識がなければ、情報をキャッチできません。


まだまだ書きたいことはありますが、今日は時間切れとなりました。
また改めて続きを・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック