FC2ブログ

私は日本人だと思われますよね  !?

長年通訳・翻訳の講師をしておりますと、
年齢や学習歴の異なる、様々な方に接します。
従いまして、ちょっとやそっとのことでは驚きませんが、
今日は、その長い講師歴の中でも、
一瞬言葉を失ってしまったビックリ体験をご紹介したいと思います。

表題の「私は日本人だと思われますよね」という日本語、
文法的には問題がないはずですのに、
「エッ!?」と一瞬理解できず、混乱してしまいました。

こう質問をしてきたのは、21歳の中国大陸からの留学生です。
幼い頃から日本のアニメやコミックにどっぷりはまって、
大学でも日本語を専攻し、現在に至るという学生です。
明るくて、発音や発声も比較的正しく、表現力もあり、優秀な人でした。
通訳技法の授業が始まって2週間ほどした頃だったでしょうか、
授業終了後、唐突に「先生、私は日本人だと思われますよね?」と聞かれたのです。

自信満々の中国人学習者は非常に多いのですが、
ちょっと桁違いの質問でしたので、
「どういう意味?」と聞き返しますと、
「日本人が私のしゃべる日本語を聞いたら、日本人は私を日本人だと思うでしょう?」
と説明してくれました。

なるほど~ と意味を理解してから、
「○さんはとても日本語が上手だけれど、日本語ネイティブとは少し違うかな」
とやんわり答えますと、
「エッ!! 私の日本語を聞いたらすぐに分かります?」
少しむきになって問い返されたので、
「そうね、3秒くらいで分かるかな」と率直に答えました。

私の答えに対する彼女の反応は…
「ガ~~~ン ショック~~~ 」(アニメ調)

もちろん、その後、私がフォローしたのは言うまでもありません。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

豆子さんの目標は?

豆子さん、コメントをお寄せくださり、ありがとうございます。

豆子さんはお若い方ですね。
中国の大学で4年間日本語を専攻されたのでしたら、かなりのレベルかと思います。
今はどちらにお住まいですか?
普段、日本人と接する機会がないようですが、今はインターネット上で様々な教材を得ることができます。
もし、豆子さんがきちんとした日本語を聞き、話せるようになりたいとお考えでしたら、
NHKのWEBNEWSなどはお勧めです。
日本語の音声と、知識(文字)がバラバラでは、聞くことは困難です。
聞く(聞き取る)ことができなければ、話す力はなかなか伸びません。
豆子さんの具体的な目標がわかりませんので、
こんな大ざっぱなことしか言えないのですが、
もしよろしければ、豆子さんの現状と目標を教えてください。
もう少し役に立つアドバイスを差し上げられると思います。
コメントをお待ちしております。

初めまして。

高田先生

初めまして。
中国人の豆子です。

私も日本語を専攻にして、四年間勉強しました。
文法や語彙は大体問題ないと思いますが、
日本語の聞き取りや口を出すことが弱いです。
弱すぎる。
アニメを見ると、「何言ってんのよ。授業とは全然違うでしょう」と思って、ショックを受けました。
普段は相手にしてくれる人がいなくて、練習不足で、発音もアクセントも何か怪しい。

よくあります

コメントをお寄せくださり、ありがとうございます。
大陸出身の学習者には、非常に優秀な方が多いのですが、プライドもかなり高いようです。
中国語ネイティブ通訳者の中にも「私の日本語は日本人と同じ」と公言している人がいるとかいないとか…
そういう人は「あなた、中国人ですね。どこのご出身?」と聞かれようものなら、「フン!何言ってんの!」と、ものすごく不機嫌になるそうですよ。
家電のお店で対応した店員さんも同じような気持ちだったのでしょう。
だいたい、「日本語上手ですね」「日本人みたいですね」という褒め言葉は、相手が外国人だという前提で言われているのですから、それを真に受けること自体、おかしいのですけれど。

一時帰国の時の話

私は台湾在住の者ですが、先日一時帰国した時、ある家電店で買い物をしたところ、対応の店員さんが中国人らしかったのです。彼の日本語は流暢で、ほとんど日本人と変わらない。しかし微妙なアクセントの違いで、私はすぐに中国人とわかった。そこで「あなた、中国人でしょう?どこの省の出身?」と中国語で聞いたら、見事に無視されました。ニコリともしませんでしたね。そこで私は「ああ、これが大陸の人間なんだ。」と心の中で思いました。
プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック