FC2ブログ

業務関連の電話対応

【ご相談】
高田先生
昨日のブログを拝読して、私も目標設定を考えなおそうと思っていたところ、仕事で中国からの電話を取る機会がありました。
普段CDを2倍速にして聞いていますが、その速度以上で、話す速度がとにかく速いのです。そして私も言いたいことの半分も言えませんでした。あとになって、ああ言えばよかったとか、反省ばかりで、話す力も聞く力もまだまだ足りないのだと思い知りました。
先生、こんな私に練習メニューを作っていただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

【お答え】
mayuko様
ご相談をお寄せくださり、ありがとうございます。
業務で中国語を使っておられるのですね。
急な電話で焦った! そういう経験はどなたにもあると思います。

mayukoさんに練習メニューを作る前に、いくつか確認させてください。
・中国語は、どちらで、何年くらい学ばれましたか?
・ご担当の業務(商品やサービス内容)について、日本語と中国語で話せますか?
・電話を掛けてきた中国人とは、普段メール等で交流がありますか?
それとも初めての接触でしたか?
・今回の電話対応が十分にできなかったのは、相手の中国語を話す速度が非常に速かったことだけが原因ですか?

mayukoさんへの具体的なお答えは、
上記4点についてのお返事を待つと致しまして、
今日は、ごく一般的な業務関連の電話対応についてお話ししたいと思います。

業務に関わる電話は、相手とスムーズに交流することが目的ではありませんね。
業務の遂行が第一の目的です。

あなたが電話を取り、最初とても流暢な中国語で対応した場合、
相手の中国人は「あ、この人は中国語がよくできる人だ」と思い、
あなたが外国人であるという配慮をせずに話し始めることがあります。
この時点で、相手の中国語が速すぎると感じたら、
すぐにストップをかけてください。
そして、ゆっくりとクリアな発音で、率直に次のことを伝えます。


あなたの中国語は速すぎて、私は聞き取れません。
ゆっくり話してください。


相手が承知してくれたら、電話の用件を最初から確認します。

あなたの部署と名前をもう一度言ってください。
用件を教えてください。
弊社の誰にご用ですか?


少し内容が込み入ってきたら…

待ってください、メモをします。
もう一度言ってください。


相手の用件が全て終わったようでしたら、
最後に、あなたが中国語で用件を1点ずつ復唱し、
相手に確認してもらいましょう。

どうしても相手の中国語が分からない場合は、決して分かったふりをせず…

お手数ですが、メールでご用件を伝えてください。

と言いましょう。

お試しください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック