FC2ブログ

日本語表記

カタカナ表記には時々ハッとさせられます。
特に比較的なじみのある言葉ですと、
「当然このように表記するだろう」という思い込みが間違っている場合もあります。
昨日も翻訳スクールで、「ウィルス」それとも「ウイルス」?とお話したばかりです。

いつも使うわけではありませんが、
どうだったかな? と確かめるのに必要な書籍を紹介したいと思います。
日本語ネイティブの方だけでなく、中国語ネイティブの方にも強くお勧めします。

『記者ハンドブック 第12版』 (共同通信社)
『新しい国語表記ハンドブック 第七版』 (三省堂)
『日本語表記ルールブック』 (日本エディタースクール)

3冊全てを買う必要はありません。
お近くに大きな書店がある方は、手にとってご覧になってください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック