FC2ブログ

手振り身振り

時々教室で、
前に出てきて逐次通訳演習をしてもらうことがあります。

いくら慣れているいつもの教室であっても、
通訳学習をしている仲間の前で通訳を披露するのは
なかなかの緊張感です。(現場より厳しいかも?)

そんな時、時々いるのが、
一生懸命集中して逐次通訳をしているのに、
なぜか手振り身振りが入ってしまう人です。

言葉が思うように出てこないと、
なぜか手が動いてしまうのですね。
でも気を付けましょう。
通訳は言葉だけで勝負するものなんです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック