FC2ブログ

プレースメンステストの結果

先日、「自分の力を客観的に把握する」というテーマでお話ししましたが、
今日はそれに関連して、
「プレースメントテストの結果を受け入れよう」というお話しを致します。

語学を学ぶ人でしたら、独学でない限り、
プレースメンステスト(レベル分けテスト ‟分班考试”)を受けたことはあると思います。

私は長年、通訳・翻訳スクールでテストする側にいますが、
中国留学が当たり前のように普及してから、
気になりだしたことがあります。

中国の長期留学(2年以上)から帰国したばかりの日本人
中国滞在(駐在など)歴が長い日本人
日本滞在歴の長い(6年以上)中国人
日本の大学(大学院を含む)を卒業した中国人
20歳前後の学生

上記のいずれかに当てはまる人には、
プレースメントテストの結果を受け入れない人が多い傾向があります。
そのほとんどが「もっとレベルは高いはずだ」「上級クラスで学びたい」というものです。

どのスクールも同じだと思いますが、
プレースメントテストを担当する講師は経験豊富なベテラン講師です。
多くの受講者に接し、各レベルを正しく把握しています。
テストはごく短時間ですけれども、
プレースメントには十分な時間なのです。

自分が希望していないクラスだから、こんなスクールには入らない!
とご自分から学ぶチャンスを放棄してしまう方もたまにいらっしゃいます。

なんと、もったいない!

客観的な判断を受け入れ、学んでみてください。
ご自分のレベルに合ったクラスで学ぶのが、上達への近道なのです。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック