FC2ブログ

標準語だけではダメ?

Q.いつもブログを読んでいます。
私は中国語の勉強を始めて1年ほどの初級学習者です。
気分転換と、中国語の力試しを兼ねて、先週1週間、上海と南京へ観光に行ってきました。
上海はまあまあでしたが、
南京に行ったら、私の中国語は通じたようなのですが、
相手の話している中国語が全然わからず、がっかりしてしまいました。
中国は広い国ですから、各地方に方言や訛りがたくさんあると思います。
標準語の勉強だけしてもダメなんでしょうか?

A.南京の中国語がわからなかったとのことですが、
南京の言葉は、まだ中国語を初めて1年余りなのですから、わからなくて当然だと思います。
でもあなたの中国語は通じたのですよね。
学習1年で通じるというのは、大したものです。
きっとコミュニケーション能力の高い方なのでしょう。
学習歴1年では、方言や訛りなどは聞き取れなくて当たり前です。
標準語のリスニングもまだ学習中なのですから。

外国人の中国語学習では、やはり標準語の習得が最も大切です。
あと3~4年は、“普通话”の学習に専念してください。
中国語のレベルが上がりますと、
語彙数も増え、
中国語の文法や構文の運用力も高まります。
そうしますと、多少の訛りは推測できるようになってきます。

というわけで、しばらくは脇目をふらずに“普通话”の学習に励んでください!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック