FC2ブログ

中文版日本語句型辞典の活用法

先日コメント欄にご質問をお寄せいただきました参考書の活用法についてお話ししたいと思います。

Q.リンクの「高田先生の翻訳教室」で紹介いただいた参考書『日本語文型辞典中国語訳簡体字版 -中文版日本語句型辞典』(くろしお出版)についての質問です。
この本は良書ですが、かなりの分量があります。
どのような勉強方法が考えられるのか、ブログでご紹介いただけないでしょうか。
(「折に触れて読む」くらいしか、思いつきませんでした)

A.私は、ずいぶん前にこの本を購入したのですが、
これまでどのように使ってきたかと申しますと、
ご質問くださった方と同様、「折に触れて読む」くらいでした。

ご質問を機に、あらためてこの本を活用した勉強方法を考えてみました。
私の提案はごくシンプルです。

   ・ 例文を分析して読む
   ・ 専用の練習ノートを作る


もちろん900ページ近くある辞典ですから、かたっぱしから… というわけにはいきません。
なるべく身近においておき、気になる表現があったらすぐ調べましょう。
そして、その項目の例文を、分析しながら(述語動詞・形容詞・名詞の修飾関係等を把握して)読みます。
決して、この日本語はこう訳すんだという、おおざっぱな読み方をしないように!

例文の分析と理解を終えましたら、日本語の例文だけをノートに書き写しましょう。
ノートのページの上に『中文版日本語句型辞典』のページをメモしておきます。
そして、次にこの練習ノートを開く時に、日本語の例文を中国語に訳してみるのです。
中国語を書き終えましたら、『中文版日本語句型辞典』でチェックしてください。
どれくらい覚えているか、はっきり確認することができますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック