FC2ブログ

学習メニューを作ってください2

昨日の記事では、「学習メニュー」というテーマでしたが、
実際は「トレーニングメニュー」となっていた点にお気づきでしたか?

通訳は学習した後のトレーニングが非常に大切です。
本ブログで何度も繰り返し申しているとおり、通訳は反応することだからです。

アスリートが走ったり、ジャンプしたり、泳いだりする時、
どういうフォームか、どのタイミングかなどいちいち考えたりしません。
体が覚えているからです。

通訳も瞬間勝負です。
考えていたら通訳になりません。
ですから、耳と頭と口の連携がスムーズにいくように、
繰り返しのトレーニングが必要なのです。

昨日お見せしたメニューは、
その学生の生活リズムから週末に集中して行うよう指示してありましたが、
あのメニューを1~5まで全て行うと、合計3時間程度かかります。
3時間を3日間続けるところが肝心です。

3時間のトレーニングは、相当キツイのです。
初日のトレーニングは、覚悟していても、想像以上のキツサです。
それに耐えて、3時間続ける(中休みはナシです)… これは自信になります。

2日目は、初日のキツサを覚えているので、スタートするのも辛いはずです。
しかし、それでもやる! 休まず3時間続ける! 
すると、昨日より明らかに上達しているのが分かります。

3日目、週末のリラックスした雰囲気にめげずに、
とりあえず始めましょう。
始めたら、休まずに3時間続けます。
テキストのすみずみまで、ネイティブスピーカーのCD音声の特徴まで、
完全に把握できています。
逐次通訳もすばやく反応し、なめらかに訳せます。

本当? と思った方は、どうぞ試してみてください。

さて、昨日のメニューを渡された学生はその後どうなったでしょう?
明日に続きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック