FC2ブログ

学習メニューを作ってください1

2~3年前だったと記憶していますが、
大学の通訳技法を履修していた学生から、
学習メニューを作ってくれませんか、と言われました。

エッ!私に学習メニューを作ってくれなんて、なんと大胆な!!
と思いましたが、
「メニューを作ったら、本当にやる?」と3回ほどしつこく念を押しました。
「はい、やります!」
「もう、ここでなんとかしないと、中国語専攻なのに、就活で中国語すらアピールできません」
とのこと。

先日、その学生に渡したデータをUSBメモリの片隅から見つけましたので、
公開したいと思います。
やる気のある人だけ試してみてください。
ちなみに、週末だけとなっているのは、
その学生が平日は大学とバイトであまり時間がとれなかったからです。
もちろん、毎日やってもいいんですよ。

メニュー中の「テキスト」とは
日中中日通訳トレーニングブック  です。

********************************

          日中通訳技法 トレーニングメニュー

下記トレーニング内容を金曜日・土曜日・日曜日の3日間毎日実施しなさい。
いやでもできるようになります。

1)中国語を指でなぞりながら、CD音声を注意深く聞く  ⇒20回
                  
2)CD音声を聞きながら、テキストの中国語を読む    ⇒20回

3)CD音声でシャドーイング(テキストは見ない)      ⇒10回

4)テキストの中国語でサイト・トランスレーション      ⇒10回

5)CD音声で逐次通訳                     ⇒10回



明日に続きます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お忙しい中、丁寧なアドバイスをありがとうございました。
発音に致命的な欠陥があるのではという不安が拭えなかったのですが、プロソディを意識した訓練でよいとお聞きし安心いたしました。
今後は発音・プロソディのメンテナンスと並行して、表現力を高める学習をしていきたいと思います。ありがとうございました。

yuliさんの中国語

yuli様
非公開ご希望の別コメントに添付してくださった中国語の音声を聞かせていただきました。
いわゆる「朗読調」ですが、発音は特に問題ないと思います。
とてもクリアですし、中国人が聞き間違えることは決してないでしょう。
短い中国語の朗読でしたので、yuliさんのスピーキングを診断するのは難しいのですが、
ナチュラルスピードで話した場合には、もう少し“轻重”の区別がついているのでは?と想像致します。
あのような読み方では、「軽い」ところがないので、スピードは出ませんね。
クリアな正しい発音を求めるよりも、プロソディを整えた方が良いと思います。

発音矯正は可能か!?

yuli様
コメントをお寄せくださり、ありがとうございます。

発音練習のために中国人学生講師のオンラインレッスンを受けるのは、あまり賛成できませんが、
学生講師から「発音は問題ない」と言われたのであれば、それはかなりの高評価です。
なぜなら、学生講師は「素人」の単なる中国語ネイティブスピーカーにすぎないからです。
プロ講師ではないからこそ、「普通の中国語として聞こえているからOK」という評価ができるのだと思います。

yuliさんはご自身の発音の欠点をよく分析し、把握されていますから、スピーキングの際も注意していらっしゃるのでしょう?
ですから中国語ネイティブは「発音は問題ない」と言ったのだと思います。

手本となる中国語を聞く → モノマネ朗読(音読)を録音する → 再生して聞く → ネイティブの中国語を聞く

上記のプロセスに加えてyuliさんのなさっている分析をすれば、確実に上達します。

アナウンサーを目指すわけではないのです。
中国人に通じれば、それで良いのです。

あまりアドバイスらしいことが書けなくてすみません。

発音

高田先生こんにちは。

発音練習についてですが、現地学生講師のオンラインレッスンを受けても、発音は問題ないと言われますが、自分では問題があることがわかっています。
朗読を録音して自分の不自然な部分を確認しています。単体ではできていそうな複母音とそり舌音の発音が、文章になるとあやふやになっているのではないかと自分なりに分析しました。他には高田先生のおっしゃるプロソディができていないことや、一声の高さが不十分であるとも感じました。
お手本を聴き、朗読、録音を繰り返していて、進歩があるものでしょうか。
しばらく繰り返していますが、発音の不安定さが改善しているようには思えず、何か根本的なところで間違っているのではないかと不安になっています。
何かアドバイスをいただければと思いコメントをお送りしております。どうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック