FC2ブログ

イメージトレーニング

少し前の動画で恐縮ですが、
2013年11月5日、
長井鞠子さんが日本記者クラブで通訳として活躍されてきたこれまでをお話しされました


お話の後半、会場にいた方からの質問に答えていらっしゃいます。
その中で印象的だったのが、「英語の上達法」についての質問に対する答えでした。

これっていう英語の上達法はないと思うんですが、
みなさんが見落としている上達法の中に、「イメージトレーニング」というのがあると思うんです…


とおっしゃっていました。
長井さんがおっしゃる「イメージトレーニング」というのは、
どんな場所で、
どんな人と、
どのようなことを、
どのような英語で話すのか   イメージして勉強する
というものです。
こういう想像なしに、やみくもに英語を勉強してもしようがない・・・というご指摘もありました。

長井さんは英語学習についてお話しされましたが、
英語を中国語に置き換えて、今すぐにイメージトレーニングをスタートしましょう。

場面     相手(対象)     内容    中国語の表現
この4つを考えていくと、学習目標が明確になります。
目標が明確になれば、
今自分に足りない点はどこか?
何を学ぶべきか?
克服すべき弱点は?
    など課題も具体的になるでしょう。

がむしゃらに勉強するだけではなく、こういう意識を持って学ぶことは大切だと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック