FC2ブログ

中国語ネイティブの翻訳学習4

今日も昨日に続き、実践的な翻訳をするうえでのご注意です。

1) 体現止めは用いない
2) 文末処理「です・ます」調と「である・だ」調を混同しない
3) 連体修飾語“定语”+“的”+名詞 はなるべくひとつのかたまりとして訳す
4) 主述のかかりを短く



1) 体現止めは用いない
翻訳者は筆者ではありません。
筆者であれば、体言止めであろうが、感嘆符や疑問符であろうが、自由に使うことができます。
しかし、翻訳者は一定のルールにもとづいて訳文を書くのが仕事です。

2) 文末処理「です・ます」調と「である・だ」調を混同しない
基本的なことですが、ちょっとした不注意で、
あなたの翻訳文の評価がガタ落ちです。
訳した後、チェックしてください。

3) 「連体修飾語“定语”+“的”+名詞 」はなるべくひとつのかたまりとして訳す
単純な処理ですが、
連体修飾語“定语”の部分が長いフレーズやセンテンスになると、
被修飾語の名詞を中心語とするひとかたまりに訳すということができない方がいます。

4) 主述の掛かりを短く

主語「~~は」から、述語の最後「~である」までが長いと、
1回読んだだけでは分かりにくい場合がしばしばあります。
主語と述語の掛かりは短いにこしたことはありません。
書く方も楽ですし、読み手にとっても理解しやすい文になります。

どれも難しいことではありません。
少し気を付けるだけで、翻訳のクオリティをグッと上げることができますよ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック