FC2ブログ

中国語ネイティブの通訳学習3

“分译”のススメ

翻訳の場合は、原文の句読点を尊重するのが原則ですが、
通訳する際は、原文の句読点にしばられる必要はあまりありません。
聞き手が聞いて理解できる(理解しやすい)文というのは、
私たちが想像するより短い場合が多いのです。
30字とか70字などの長い中国語を日本語に通訳する場合、
意味の区切り、あるいは意味のかたまりごとに、1センテンスとして訳します。

そうしますと、訳出する日本語はほとんど例外なく、
短くシンプルな構文になりますね。

短くシンプルな構文のメリットは3つあります。
1.聞き手にわかりやすい情報を提供できる
2.文法上のミスが少なくなる
3.反応(聞いて訳出するまで)の時間が短くなる


短いシンプルな構文ばかりでは、単調で幼稚な感じがするのでは…と心配ですか?
いいえ、そんな心配は一切無用です。

通訳としてのパフォーマンスで評価されるのは、
・聞きやすいこと
・正確であること
・反応が速いこと

特にこの3点なのです。

“分译”のスキルをぜひ習得してください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック