FC2ブログ

中国語ネイティブの通訳学習1

本ブログに新しいカテゴリーが加わりました。
中国語ネイティブの学習者へ  というカテゴリーです。
主として通訳と翻訳の学習に焦点を当てて、
この2週間ほどは集中的に記事をアップ致します。
どうぞご注目ください。

今日はその1回目として、通訳学習についてお話ししたいと思います。
通訳学習と題していますが、
普段のスピーキング力アップなどにもつながると思いますので、参考にしてください。

通訳では、コンパクトな訳・簡潔な表現が重視されます(一部のセレモニースピーチ等は除きます)。

訳語で工夫することはもちろんですが、
より簡単ですぐできる方法がありますので、ぜひ今日から試してみてください。
それは語尾(文末)処理を簡潔にするという方法です。
もちろん日本語表現として許容範囲であるのは、いうまでもありません。

具体的な例をあげましょう。
   ~おります   ⇒ ~ます
   ~まいります  ⇒ ~ゆきます
   ~いたします  ⇒ ~します
   ~であります  ⇒ ~です
   ~でございます ⇒ ~です
   ~させていただきます ⇒ ~致します

語尾(文末)処理を簡潔にするというのは、
中国語ネイティブ学習者にとって2つのメリットがあります。
1つは、語尾(文末)処理・表現でミスをしなくなる(ミスが減る)。
もう1つは、日本語が短くなる。

私は授業の際、よく冗談まじりに
日本語の語尾は「です」「ます」「思います」だけですよ…  などと言うのですが、
日本人の話し言葉をよく聞いてみてください。
この3種類の語尾が相当頻繁に使われているのがよく分かると思います。
さあ、今日から語尾(文末)処理・表現の悩みから解放されましょう!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック