FC2ブログ

通訳とは反応すること3

どの競技であれ、全てのアスリートは、
正しいフォームや動きを体に覚え込ませるために、繰り返しトレーニングを行います。
それは、必要な瞬間に、体が反応できるようにするためです。

通訳も同じことです。
通訳は瞬間瞬間が勝負です。

いくら頭の中に膨大な知識がつまっていたとしても、
それが音声に反応してすぐ口から言葉として出てこなければ、通訳にはなりません。
通訳は反応することなのです

通訳スクールに通えば、通訳できるようになるなど、幻想にすぎません。
本当にプロ通訳者を目指すのであれば、
通訳スクールに通い、週に最低でも20時間以上の学習とトレーニングをする覚悟が必要です


フルタイムの仕事をしながら、通訳者を目指す方も多いでしょう。
すきまの時間を上手に利用してください。
時間が足りなかったら、集中力を高めたトレーニングをしてください。
そして、絶えず自分を励ましてください。


通訳を目指そうと思った時の気持ちを思い出して!
ファイト~~!!


高田先生の翻訳教室
http://www.takada-translate.com/



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック