FC2ブログ

中国語を嫌いにならない方法3

そもそも中国語はあなたにとって(私にとっても)外国語なんですから、
間違っても落ち込まないことです。
だいたい落ち込む必要がありません。
外国語ですからね。
間違ったら、「ああ、間違えちゃった。こう言えば(書けば)よかったんだな」と考えて、
それでおしまい!

だいたい間違えた方が、記憶に残りやすいのです。
間違えたら儲けモンくらいの気持ちでやらないと、
誰だって辛くなってしまいます。

もう1つ。
先生から褒められたら、何度も自分の中で繰り返して、
褒められて嬉しい気持ちをゆっくり十分に味わってください。

中国語の間違いや失敗は、ちょっと反省してすぐ忘れましょう
そして、褒められたことやうまくできたことは決して忘れないようにしてくださいね


高田先生の翻訳教室
http://www.takada-translate.com/
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック