FC2ブログ

“等”はどう訳す?

今日のタイトルの“等”は、
「待つ」「同じ/等しい」という意味で用いるのではなく、
一つひとつ並べたり、数え上げたりする際の用法についてです。

次の文章を見てください。
北京的古迹很多,有长城、故宫博物院、周口店、颐和园、十三陵、天坛六大世界文化遗产。
出典:『日中・中日通訳トレーニングブック』大修館書店

“等”は「など」でしょう? と考えた方はきっと多いでしょうね。
特に通訳学習者には多いかと思います。

日本語では「等」の後にまだいくつかあることを暗に示しますが、
中国語ではそうでない場合もあります。
それが列挙を止める用法で、
中国語の“等”の前に挙げた物(事)だけということです。
中国語では“列举煞尾”と言います。

従いまして、上の中国語を訳しますと、
「北京には旧跡が多く、万里の長城・故宮博物院・周口店・頤和園・十三陵・天壇という6つの世界文化遺産があります」
となります。

通訳では「など」と訳しても許容範囲でしょうが、翻訳では許されないミスです。

  ******************
サイマル・アカデミー 夏の短期プログラム
    プロ翻訳者に学ぶ翻訳の基礎
通訳学習者にも受講をお勧めします。
リスニングに悩んでいる方、中国語を速く正確に読めますか?
中訳が苦手な方、日本語を分析して意味を把握してから訳していますか?
目からウロコの刺激的なプログラムです!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック