FC2ブログ

リスニングのトレーニング5

「易しい教材から始める」

これからリスニングのトレーニングを始めようとする方は、
新しいテキストや教材を入手する必要はありません。
これまで使ってきた、既習教材を活用しましょう。

既習教材であれば、
  全然聴き取れない!
  何を言っているか全くわからない!
などという、心が折れそうなことはありません。
「落ち込まない」で、トレーニングを続けるためには、
既習教材、その中でも難易度の低い易しい教材から始めましょう。

入門や初級のテキストだって、侮れませんよ!
忘れていた単語や構文があるかもしれませんからね。

そして、トレーニングを続けれらるようになったら、
多様な音声素材(もちろんスクリプト付き!)で練習してみましょう。

リスニングのお悩み、いつでも受け付けます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック