FC2ブログ

翻訳は時間をかけてじっくりと?

このブログでは何回となく触れていることなのですが、
よくこのようなご質問がございます。

翻訳はどれくらいの時間をかけますか?
フルタイムで仕事をしているのですが、宿題にはどれくらい時間をかけたらよいですか?
学習の時間は十分に確保できるので、半年で進級できますか?
など…

まず、それぞれのご質問に「翻訳は時間をかけるもの」という前提がありますね。
こういうご質問には、
   もちろん時間をかける必要はありますが、
   翻訳をする際には、常に時間を意識している必要があります。
   誰にとっても無制限の時間が許されるわけではありませんし、
   仕事(宿題)には必ず締め切りがあります。
   また、一定の時間内である程度のクオリティに達した翻訳ができないと、
   いつまでも仕事(プロ)を意識した学習にはならないのです。
このように答えています。

時間をかけるのも大切ですが、
限られた時間を意識して、その範囲で良い翻訳を目指すのがより重要です。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック