FC2ブログ

実務翻訳 最終チェック1

原文は正しく理解できている(はず)。
日本語は、母語話者なので問題なく書ける(はず)。
なのに、なぜか翻訳文には明らかなミスが散見される…

中国語も日本語もかなりレベルが高い学習者ですのに、
こういう残念な例をよく見ます。

どうしてこういう訳をしたんですか?
どうしてこの訳語を選択したのですか?
などとしつこく質問してみますと…
 ・リサーチにすごく時間がかかった
 ・長い時間考えに考えぬいた
 ・工夫をこらしてみた
などというお答えが多いんですね。

真剣に翻訳に取り組んだ、その姿勢はよく分かります。
しかし、翻訳にかけた時間と労力を、
リサーチの時間や工夫の大変さ、あれこれ悩み考えた苦しさなどを、
翻訳にそのまま反映させるわけにもいきません。
なぜなら、それらは必ずしも翻訳文の完成度とは関係ないからです。

*原文を正しく訳出しているか
*読み手に分かりやすく伝わるか

この2点だけが大事なのです。

最終チェックをする時に、思い出してください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック