FC2ブログ

順接 or 逆接 ?

“而”は、接続詞“连词”としてよく用いられます。
主に、順接・逆接・並列の機能を果たしていますね。

並列はともかく、順接と逆接を間違えたら大変です。
皆さんは、どのように判断されるでしょう?

通訳する際、
スピーカーのロジックが明解で、
その内容についての理解も十分である場合は、
“而”が順接なのか、逆接なのか、すぐに正しく判断できるでしょう。

しかしそういう理想的なケースばかりではありません。
“而”がどちらの機能なのか、迷うこともしばしばあります。

そんな時は、「訳さない」という選択肢があることを思い出してください。
イチかバチかの勝負をしてはいけません。

翻訳する際は、文脈の中で十分に判断する時間を確保できますから、
きちんと訳出するのが原則です。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック