FC2ブログ

彼 彼女

先日テレビをボサ~っと見るともなく見ておりましたら、
水戸の偕楽園が画面に映りました。

案内係とおぼしき人が、
「偕楽園は水戸藩第九代藩主の斉昭公によりつくられました」と紹介した言葉に続いて、
ネイティブスピーカーと思うほど流暢な日本語を話すタレントが、
「彼は何のためにここを作ったのですか?」と質問したのです。

皆さんは、この日本語をどう感じますか?
私は、この質問をしたタレントの日本語が表情豊かで、非常に上手だっただけに、
強い違和感を覚えました。

日本語は人称代名詞を、案外嫌うんです。
少なくとも、敬意や親しみを込める場合にはあまり使われないでしょう。
敵対心やよそよそしさを表す際に用いると、効果的ですね。

全てのケースに当てはまると言いきる勇気はありませんが、
ごく一般的な感覚では間違いないと思います。

では、どうしたら良いでしょうか?
この場合でしたら、「彼」を「斉昭公」と言えば良かったのです。

“他”は「彼」、“她”は「彼女」と単純に置き変えられないこともあることを覚えておきましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック