FC2ブログ

誰に向けて書く?言う?

言葉遣いというのは、時にとても難しく感じます。
言葉の使い分けも、たとえそれが自分の母語であっても難しいと思います。

つい先日、別段親しくもない年下の中国人の知りあいにひどく乱暴な「ため口」で返事をされて、
一瞬言葉を失いました。
腹が立つやら、ガッカリするやら…
ああ、この人はこういう日本語を使う環境で生活しているんだな…と思いましたね。

翻訳も通訳も、誰が誰に向けて書くのか、言うのかという点に気を付ける必要があります。
そして、普段から考え、実践を積むことが大切なのだと思います。

なんでも付け焼刃では、ダメということですね。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック