FC2ブログ

リプロセシング 番外編

先週4回に渡りご紹介したリプロセシング(パラフレーズを含む)は、
日本語母語話者が中国語訳をする際に有効且つ不可欠ですが、
実は、中国語母語話者にお勧めしたい考え方でもあります。

とはいえ、日本に長く住んでいる中国語母語話者は、
往々にして「こんな日本語は簡単だ」「分析するまでもない」と、
リプロセシングを軽視する傾向があります。
*その実全然分かっていないこともかなりあります。

しかし、その結果どうなるかと言いますと、
日本語を力ずくで中国語に置き変えているので、
確かに中国語ではあるのですが、
聞き手は、何を言っているのかわからない… という残念なことが生じるのです。

もう1つ!
日本語のセンテンスの途中で変わる主語(しかも省略されている主語)に気づかず、
或いは誤解したまま中訳を続けるので、
中訳に矛盾が生じるということがあります。
訳せば訳すほど、矛盾が広がり事故レベルになることも…

日本語を聞き取ることは、案外難しいことなのです。
いくら日本に長く住んでいても、
日本語は外国語であるという点を常に念頭に置き、
分析して理解し、主語を把握しながら聞く
このような謙虚な気持ちで通訳してほしいと切に願います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック