FC2ブログ

口語訳を書いてみる1

通訳学習は、口頭でのトレーニングが最優先されますね。

クイックレスポンス
リプロダクション
シャドウイング
サイトトランスレーション

いずれも口頭でのトレーニングです。
通訳スクールに通っている方でしたら、
ほとんどルーティンワークとして日々励行されていると思います。
(そうしないと、受講料の無駄遣いになりますから)

もし時間がありましたら、
口語訳を書き出してみてください。
翻訳するのではなく、ご自分が逐次訳するように書き出すのです。
可能であれば、録音した口語訳を書き起こしてください。

音はすぐに消えてしまいますが、
書いた文字は残ります。

貴重な反省材料が得られると思います。
時間を作って是非!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック