FC2ブログ

ご質問 緊張しすぎはどうしたら良いですか?

Q.私は人前に出て話そうとすると、緊張で足が震えたり、声が震えたりします。
通訳スクールでも前に出て通訳させられたりすると、もう緊張マックスで、ガチガチです。
頭が真っ白になるというのではないのですが、
こんなに緊張しなければ、もっと評価される通訳パフォーマンスになるんじゃないかと思います。
どうすればいいでしょうか?


A.人前に出て緊張しない人なんて、そうそうたくさんはいません。
たいていの人は程度の差こそあれ皆緊張するものです。

あなたは、緊張はするけれど、「頭が真っ白になるというのではない」のですね?
それは幸いです。
緊張して平静さを保つことが難しい状態だけれども、
やるべきことはできているのですから。

緊張しても普段の(通訳の)実力を出すためにはどうしたら良いでしょうか。
自宅で学習する時、トレーニングする時…これは十分リラックスして行いましょう。

サイト・トランスレーションや逐次訳演習を自宅で行う際は、
想像力を働かせることが大切です。

今通訳をしようとしている場所はあなたの部屋ではありませんよ!
そこは、会議室でしょうか?
     1,000人以上収容可能な大ホールでしょうか?
     同通のブースでしょうか?

あなたの通訳を聞いている人がいますよ!
聞いているのは、その分野の専門家でしょうか?
           学者でしょうか?
           ビジネスパーソンでしょうか?
           一般聴衆でしょうか?

場面設定と、聞いている人を決めたら、
さあ、通訳者であるあなたの出番です。
信頼感を得られる良い姿勢で、落ち着いた声で堂々と通訳してください。

こういう普段の学習における意識の持ち方が大切だと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック