FC2ブログ

想像力を働かせましょう

通訳学習は、もちろん「学習」という側面は大切ですが、
学習同様、或いはそれ以上にトレーニングを重視しなければなりません。

言葉や表現が内在化するまで徹底してトレーニングするのです。
これは通訳スクールに通っている方でしたら、
どなたでもご存知でしょうし、実践されていると思います。

しかし、そのトレーニングがブツブツ独り言を言うような感じになっていませんか?
それでは、通訳トレーニングとしては、あまり効果が期待できません。

通訳のトレーニングは、常にだれかに聞かせるつもりで、
聞き手の存在を意識して行うことが大切です。

教材によっては、パブリックスピーキングのスキルを求められることもあります。
その場合は、自分の目の前に100人あるいはそれ以上の大人数の聴衆がいると想像して行いましょう。
立ってトレーニングすることも必要かもしれません。

教材によって、それがどんな場面設定なのか、よく考え、
想像力を働かせて、少しでも現場で通訳しているような緊張感を保ち、
トレーニングをしてください。


         高田先生の翻訳教室
  ☆☆通訳のための翻訳コース 好評です☆☆


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック