FC2ブログ

仕事で通訳することになった!~4~

今週は、学習ブランクがあるにもかかわらず、
急に通訳をさせられるハメに陥った方のために、具体的な対処法をご紹介しています。

今日は、準備その4として、根回しについてお話しします。
企業や組織に所属している方でしたら、
会議を円滑に進めるため、
或いはプロジェクトの順調な進展のためには根回しが不可欠であることをご存知ですね。

通訳を命ぜられたという場合、
この根回しなしには到底この難局を乗り切ることはできません。

・通訳に慣れていないので、ゆっくりと短く区切って発言してほしい
・当日どのような発言をするのか教えてほしい
・その場に同席する他の人の情報を教えてほしい
・自分の所属する組織の意見やスタンスについて教えてほしい
・相手側(中国側)の想定される発言はどのようなものか


などを、事務方、或いは責任者、発言者に伝えておきましょう。

もし、前日或いは当日、中国側に接触するチャンスがあれば、
また中国側の発言もこちらが通訳しなければならない場合は、

・自己紹介をし、自分は通訳に不慣れで、リスニング力も今ひとつなので、
 短く区切って話してほしい
・聞き返したら、再度繰り返して話してほしい
・方言やなまりは聞き取れないかもしれないので、なるべく標準語で話してほしい


最低限、上記のことは伝えておきたいものです。

それから、好印象を与えるように気を配ることもお忘れなく。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック