FC2ブログ

自然でなめらかな日本語

翻訳の添削をほぼ毎日しています。
まず、ファイルを開いてざっと訳文に目を通しますが、
その時、「あ、とても自然でなめらかな日本語表現だな」と感じることがあります。

でも、これはマイナスの印象なのです。
一見なめらかな日本語訳だと感じたら、これは要注意信号です。
原文のファイルを開け、より慎重に、特に「正確さ」の観点からチェックをします。

すると、必ず「日本語表現の自然さを優先させたために正確さを犠牲にした訳」が見つかります。
必ず です。

正確な訳 と 自然な表現
この2つの間で翻訳者は常に揺れ動いていますが、
実務翻訳では、「正確な訳」を優先させてください。

美しさ
なめらかさ
自然さ
これらの基準が「正確さ」より優先されることはありません。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

高田先生

Author:高田先生
中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。

リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック